川越ハイキングクラブ・ビスターリ

奥多摩・浅間尾根~浅間嶺(903m)

 

浅間嶺展望台   (撮影 6点  Y.E ヘラブナ)

 展望台からの富士山

2020年1月5日(日)       天 候: 晴れ       参加者 :1名(単独)
交 通
【往】JR的場5:25→6:11拝島6:26→6:44武蔵五日市駅 バス7:10発 数馬行→
浅間尾根登山口8:07着
払沢の滝バス停14:28→14:52武蔵五日市駅→拝島→的場16:05着
コースタイム
浅間尾根登山口バス停8:20→数馬分岐9:20→一本松9:30→人里峠10:35→浅間嶺11:10(昼食)11:40→峠の茶屋12:55→時坂峠13:40払沢の滝14:10→払沢の滝バス停14:20

 

バス停近くの橋の上は凍結

  登山口

 人里峠からの御前山・鋸山~大岳山稜線

浅間嶺展望台から中央が大岳山・御岳山

 

<< 感想コメント >>

バスの乗客は最後ハイカー三人になった。浅間尾根登山口バス停に降りたのは私一人、道路の向いの駐車場に二人の猟師さんがいたので「登山口はどこですか」と尋ねた「すぐそこの登山道を登って今日はこれからイノシシ狩りをするから気をつけて行きなさい」だがこれが失敗でした。全く違う山(大羽根山)を登っていたのです。直ぐ気付きバス停まで戻り、事なきを得ましたが新年早々「道迷い」でした。ようやく浅間尾根登山口に着き一安心した。数馬分岐から人里峠(へんほり峠)まで長い杉林の尾根が続いたがここから景色が一変した。目の前に御前山その先に鋸山から大岳山、御岳山に続く稜線は迫力があった。浅間嶺展望台には5人ほどの方が昼の休憩中、私も富士山を眺めながら昼食を終え払沢の滝へ、最後の下り坂で車道は所々凍結しており危険そのうえショートカットを2度外してしまい疲労困ぱい。反省と課題が残る山行でした。   Y.E ヘラブナ

 

コメントを残す