川越ハイキングクラブ・ビスターリ

2020年2月度 YR会山行: 西部ブロック交流・湯ノ丸高原・スノーシューハイク

 

パウダースノーを楽しむ(撮影 I.Y hep)

2020年2月23日(日)    天 候: 曇りのち晴れ                参加者: 計2名
交  通: 西武ブロック合同 :大型チャーターバス
ウエスタ川越6:20→上里SA→佐久平IC→小諸IC→地蔵峠9:30
】 地蔵峠14:20→雷電湖桃の里15:00→上里SA15:30→ウエスタ川越18:00
コースタイム: 地蔵峠 9:45→標高2000m11:50昼食12:20→地蔵峠14:00

 

<< 感想コメント >>

参加者36名。今日は所沢ハイキング6人とビスターリ2人は黄色のバンダナを目印に混合パーティの仲間入りをしました。現地は小雪がチラチラ、予報は冬の嵐が心配するもコースはコメツガの樹林の中、あまり風も無くホットする。スキーゲレンデを2回程横切りながら登る。標高2000m辺りで昼食、目の前に水ノ塔山、篭ノ登山に太陽が差しこみ水墨画の様な素晴らしいロケーション、本日のご褒美でした。
                                                                                                                               H.M  ココ

 地蔵峠からの篭ノ登山 (撮影  I.Y hep)

今年は雪が少ないと言われ心配していましたが、到着しましたら 程よい新雪が積もりスノーシューには快適な足元でした。所沢ハイキングクラブの方とご一緒のグループになり、少し早いペースでしたが、なんとかついていきました。食後のコーヒーは 雪化粧の篭ノ登山、水ノ塔山の両山を目前に、陽を浴びたキラキラの新雪の中で最高の一杯でした。あっという間の楽しい1日でした!     I.Y hep

 

青空の水ノ塔山(撮影 I.Y hep )

スキー場を横切る(撮影  I.Y hep)

コメントを残す