川越ハイキングクラブ・ビスターリ

北アルプス・裏銀座縦走

 

水晶岳(黒岳)2,986m

年月日:2018年8月2~5日(木~日)      天候:晴れ  参加者:単独

交通:【往】新宿発バス23:00→七倉ダム→タクシー高瀬ダム5:40
【復】新穂高温泉発 路線バス11:30→JR松本駅→八王子→川越18:00

コースタイム:
8月2日 高瀬ダム(5:45)→ブナ立尾根→(9:30)槍見台三角点→(12:15)烏帽子小屋→(12:55)烏帽子岳往復→(14:15)烏帽子小屋(泊)
3日 烏帽子小屋(5:50)→三ツ岳→(9:25)野口五郎小屋→(9:55)野口五郎岳2924m→眞砂岳→(14:00)水晶小屋(16:00)(泊)⇔水晶岳往復
4日 水晶小屋(6:10)→ワリモ岳→(7:40)鷲羽山2924m→(9:30)三俣山荘→三俣蓮華岳2841m→丸山→双六岳2860m→(14:20)双六小屋(泊)
5日 双六小屋(4:00)→弓折乗越→鏡平小屋→わさび平小屋→新穂高温泉下山(11:20)

<<感想コメント>>

烏帽子小屋に向かうブナ立尾根は急登できつかったが烏帽子岳山頂の尖った険しさを登頂した時は眺望が良く満足な気分になれた。翌日は水晶岳小屋から水晶岳(黒岳)を往復し360°の眺望を楽しんだ。3日目は待望の鷲羽岳を登頂。今回2座目の百名山だ。どっしりと堂々とした山容はやはり百名山にふさわしい山と思った。その後 双六岳の何と山頂の穏やかで広大な広さにびっくりした。やはり立ち寄って良い山と思った。小池新道を下山したが鏡平小屋名物のカキ氷とわさび平小屋の冷やしトマトは格別に癒された。
今回は天候に恵まれ槍ヶ岳を眺めながらの縦走は最高の山旅になりました。   T.T kakashi

鷲羽岳2,924m

鷲羽岳へ続く縦走路

チングルマ

 

コメントを残す