川越ハイキングクラブ・ビスターリ

石巻日和山ハイクと災害復興支援参加報告

ホヤ養殖作業支援:着床用ホタテ貝殻紐通し

主 催:埼玉労山自然保護委員会   川越HC・ビスターリ参加者: 1名
実施日:2018年4月13~15日(金~日)
交 通:チャターバス使用 ウエスタ川越前集合13日22:00・解散15日19:15
日 程:4/14(土) 牡鹿半島谷川浜にてホヤの養殖作業支援
4/15 (日) 石巻市内被災地見学等

             << 感想コメント >>

今年も石巻日和山ハイク+災害ボランティアに参加しました。当たり前のことですが毎年少しではありますが市内も良くなっているので勇気づけられました。又、大勢の小学生達が犠牲になった大川小学校を見学した時は何故か胸にジーンと来るものがあり、寂しさを感じました。又災害の時に亡くなった方々の名前の亡石がなくなっていました。これにはいろいろと賛否があるようです。

外国人のリチャードさんと言う25年も石巻で学校の先生をしている方に出会い、災害時の話をしてくれました。国の両親は帰るようにと言ってくるようです。それでもリチャードさんは石巻が好きで帰国する気はないと言っておられました。

被災地の作業支援はホヤの養殖作業の準備作業で着床用のホタテに切り穴を開け紐通しを支援してきました。翌日は日和山ハイクに行って来ましたが、今年は異常気象で石巻も桜が満開でした。災害にも負けず、皆さんが笑顔と元気でしたので、私も少し安心し二泊三日の旅を楽しんで来ました。  T.T 108104

  T.Tさんには、大変お世話になりました。私が自然保護委員になるずっと前から復興
支援に参加され、とても尊敬しております。また、今回の復興支援では同じ班で活動し
たのですが、T.Tさんの笑顔にとても癒されました。働きぶりもほとんど立ったままで
バリバリと作業されていました。また秋の“みちのく八甲田山ツアー”でお会いするのを楽
しみにしています。  S.K けんれん

コメントを残す