川越ハイキングクラブ・ビスターリ

陣馬山(855m)~ 景信山(727m)・小仏峠縦走

 

陣馬山山頂広場にて(撮影 S.YJohn)

 

2020年11月1日(日)    天 候:  晴れ    参加者: 4名

交 通
【往】JR川越6:21→的場6:28→八王子7:28着・7:39発(中央線)→高尾着
   7:46・高尾駅北口バス停発8:08→陣馬山高原下着8:43
【復】小仏峠バス停15:20→高尾北口着15:40→JR高尾発15:52→八王子
15:58・16:10(八高線)→川越着17:24

コースタイム
陣馬山高原下8:55→和田分岐9:16→和田峠10:05→陣馬山10:35→奈良子峠
11:25→明王峠11:40→底沢峠11:50→堂所山12:20→白沢峠12:50→
景信山13:20(昼食)14:15→小仏峠14:40→小仏峠バス停着15:10

 

<< 感想コメント >>

  久々の陣馬山ハイク、今回は個人山行ということで男女4人(入会二年目2名)で出発。川越駅を高尾方面の電車に揺られ、おしゃべりしながらあっという間に八王子駅に到着、中央線に乗り換え高尾駅で下車。駅はハイカ-で溢れていたが臨時バスが出た為みんな座れてラッキ-!9時前に陣馬高原下に到着。
陣馬街道から分かれる登山道は通行禁止となっていた為和田峠経由で陣馬山へ。山頂は秋の紺碧の空に白馬像が映えて絶妙なコントラストを描いていた。ハイカ-らの楽しげな会話を耳にしながら山頂を後に、三つの峠を越えて標高731mの堂所山へ到着、ここから1時間(標準タイム)で景信山だがここも余裕をもって歩程80分と設定したが60分で到着した。山頂から相模湾はガスで望めなかったが茶店でナメコうどんをすすりながら楽しいひと時を過ごし、小仏峠経由で予定よりやや早めの時間に全員無事下山できた。
今回も天候に恵まれ楽しい山歩きとなったが入会二年目のKさんとMさんが標準タイム(昭文社地図)で充分行けるということを認識できた山行でもあった。   S.YJohn

 

陣馬山山頂(撮影 S.YJohn)

 

景信山にて(撮影 S.YJohn)

 

快晴登山日和!
陣馬山から奥高尾の尾根を歩いて小仏バス停に下る人気コースだけあって高尾駅のバス乗場はハイカーでいっぱい。終点の「陣馬高原下バス停」から登山開始。まずは沢沿いの水の音を聞きながら陣馬街道を進む。緩やかな勾配、アスファルトの道なので歩きやすい。和田峠を経て陣馬山に向かう登山道は整備されているが勾配がきつく、徐々に息が上がってくる。呼吸法や疲労を軽減する歩き方等のレクチャーを受けながら登っていくと、やがて視界が一挙に開け陣馬山頂に到着。山頂からの眺めは360度の大パノラマ。富士山や丹沢、奥多摩の山々を一望できた。記念撮影後、景信山に向かう。歩きやすいこともあり、何人ものトレイルランナーが私たちを追い抜いていく。その体力と若さを羨ましく思ったりしつつ、こちらは巻き道を選び体力を温存させながら稜線歩きを続け、ようやく景信山に到着! こちらも陣馬山に劣らず見事な眺望。東京の街並みの絶景を眺めつつ、空いているテーブル席にザックを降ろし、しばしお昼休憩。茶屋で買ったなめこ汁うどんは柚子の香りがアクセントになり身体と心を温めてくれた。
<追記>
爆発的な人気が加速度的に広がっている鬼滅の刃。「コロナ禍」、「半沢直樹」と共に2020年流行語大賞候補である。そんな鬼滅の刃の主要登場人物の一人「時透無一郎」の出身地が景信山との事で、聖地巡礼の山行に!。と言えばかっこいいが、それは下山後に知り得た情報である(笑)。     k.H 岳

 

陣馬山からの富士山(撮影 M.Mocarina)

 

前日のハロウィーンに満月が出るのは46年振りだそうだが、その月に今朝もお目にかかれるとは思ってもいなかった。暗いうちに家を出たが、川越駅につく頃には空全体が朝色になっていて、好天を思わせる様子だ。おかげで、陣馬山は360°信じられないくらい見晴らしが良く、いつも見ているのとは違う富士山がくっきりと見えた。
今回は、コスパの良い登り方を種々教えて貰い実践したので疲れの少ない登山となった。有難うございました。  M.Mocarina

 

陣馬山からの生藤山や奥多摩連山 (撮影 M.Mocarina)

 

小仏峠には名物の狸(撮影 S.YJohn)

 

高尾駅北口から臨時バスが2台出るほどの人が多く、また新型コロナでバスの中は座席数で出発。予定は新ハイキングコースでしたが、橋の崩落があり和田峠経由になりました。和田峠・峠茶屋からは長い階段を30分かかるところを20分で上がりコースタイムより早い(昭文社地図)、元気な4名は迂回を選択する方はいなかった。陣馬山山頂は人で賑い快晴で奥多摩連峰がくっきりと見え、数回来ていますが富士山・丹沢や秩父山系が見えこれほどの絶景はありません。景信山茶屋の方は山の日の入時間は16:10頃と教わり高尾山は次回とした。高尾駅を出発して間もなく陽が沈み始めた。陣馬高原下から出発して和田峠・陣馬山・奈良子峠・明王峠・底沢峠・堂所山・白沢峠・景信山・小仏峠縦走はとても有意義な日でした。   S.K邦

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください