川越ハイキングクラブ・ビスターリ

2019年秋のYR公開ハイク : 黒山三滝~関八州見晴台(760m)

 

関八州見晴台山頂にて (撮影 S.Y John)

2019年10月27日(日)     天候:晴れ  参加者:会員12名 ゲスト6名  計18名

交通 
【往】 川越駅7:41→7:54坂戸8:02→8:24越生バス8:36→9:00黒山バス停                【復】 西吾野駅15:04→15:29東飯能15:50→16:17川越駅
コース
登山口9:15—三滝9:30—分岐10:15—花立松ノ峠11:05—頂上11:45
(ランチ)12:40—高山不動尊13:05 15—石地蔵13:40—西吾野駅14:35

 

<< 公開ハイク ゲストアンケート・コメント >>

Aさん・・・次回も参加させていただきたいと思います。本日は有難うございました。

Bさん・・・久しぶりのハイキングで、とても気持ちがよく歩けました。有難うございました。

Cさん・・・何から何までサービスして頂いてとても快適な1日になりました。
楽しかったです。有難うございました。

Dさん・・・入会希望します。段取りと手際が良く楽しい山行でした。
キノコ汁も美味しく、会員の皆さんの笑い声が絶えず、素晴らしかったです。

Eさん・・・山登り、ハイキングは一人では不安なので、こうした集まりの方と登れると
楽しいです。皆さんいい人で安心して登れました。

Fさん・・・山の上で食べたキノコ汁はとても美味しかった。
スタッフの皆さんの手間に感謝!感謝

<< 会員の感想コメント >>

数日前から孫の風邪が移り喉の痛みと高熱で睡眠不足に悩まされ参加するか否か迷ったが当日、意を決して風邪薬と栄養ドリンクを一気に飲み干し登山靴の紐をぎゅっと縛り駅へ向かった。改札付近には見慣れた顔とそうでないが顔がひと固まりになって早朝の雑踏の中にあり、一通り挨拶を済ませ予定通り乗車。登山口手前でストレッチを終え、いざスタ-ト!登り始めてから徐々に体が尋常ではない熱さに見舞われ汗が止めどなく吹き出てきた。「あぁ、来たか!これだ!」一緒に風邪熱も出て行ってくれればしめたもんだと思いながらせっせと登り、花立松ノ峠に着くころには発汗もだいぶ収まり、その先の見晴台でいただいた「きのこ汁」は水分が減り冷えた体には極上の汁だった。ゲストの皆さんにも喜んでいただき、忘れられない山行となった。   S.Y John

 

スタート時の挨拶 (撮影 Y.T sora.)

 

 男滝.女滝   (撮影 Y.E ヘラブナ)

 

公開ハイクは新しい出合いがありいつも新鮮です。又、今回は休会中のWさんとNさんと再会出来て嬉しかったです。山は思っていたほどは荒れてはいませんでしたが、長く続く登りと下り坂に、翌日は筋肉痛を覚えました。よく考えたら、私は5月の鳴神山以来の山行でした。関八州見晴台は何度行っても感激です。ワンタンキノコ汁、美味しかったです。新しい仲間が増えますように。   H.M 葵

 

歩き始めの登山道は荒れていて雨上がりの道で気が重かった。しかし歩を進める度に登山道も良くなり山頂の見晴台では すっかり乾いている中で美味しいワンタン汁をいただくことが出来ました。参加人数も多く沢山の方と話しも出来てたのしい公開ハイクとおもいました。            T.T kakashi 

 

 

黒山三滝にて (撮影S.Y John )

 

19号、21号台風の爪痕を心配したが、矢張り最初の計画、傘杉峠コースは登山禁止になっていた。天狗滝コースは見るに耐えないくらい被害を受けていた。花立松ノ峠コースは幸いにも被害が少なく心配する事も無く歩けたので良かった。ゲストの皆さんも羨ましい程の脚力で無事下山できたことは何よりでした。    T.M アキ

 

大雨の後の登山で登山道が心配でしたが、歩けることが出来ました。暗い黒山三滝方面と明るい印象の高山不動尊方面で地質も地形も大変違うなと思いました。近い距離なのに勉強になりました。見晴台で頂いたワンタンスープで疲れがとれました。ありがとうございました。   S.S siro

 

お天気にも恵まれ、欲を言えばもう少し晴れ間があると良かったかな〜 。歩きやすい気候でした。「ムカゴが自然薯の種芋」とか「ご飯にするといい」等教えて頂いたり、とても楽しく歩けました。また、台風の爪痕も残っており、自然の厳しさも感じました。ゲストさんもとても喜んでくれ、お鍋も美味しかったです。お世話になり、ありがとうございました。
C.O choro 

 

高山不動尊の急階段 (撮影 Y.E ヘラブナ)

 

久しぶりで黒山三滝、滝の流れが凄かった。25周年記念のポロシャツも着心地よく、天気も徐々に晴れ間が見え、歩くには十分の距離でした。ゲストの皆さんのバランスのよさにびっくり。紅葉には早かったが歴史を感じさせるコースだった。   Y.E ヘラブナ

 

美味しいきのこ汁で大満足でした! (撮影 Y.E ヘラブナ)

 

 きのこの旨みとワンタンが絶妙! (撮影 Y.E ヘラブナ)

 

 時々日も指す良い天気、登りは初めて歩くコースでした。休会中のWさんNさんも参加して楽しい山行になりました。ゲストの皆さんも難なく歩け無事下山何よりでした。 S.K アン

 

12名とゲスト6名総勢18名の大部隊で行動するのに、最近の雨台風19号と一昨日の大雨で、登山道がどんな状況か心配になる。黒山三滝に着くと案の定通行止め、安全なルートに切り替えて出発する。車道が土砂に埋まっている所や、登山道に水が流れ出ていたり悪場の通過がいくつかあった。しかしゲストの方は皆さん冷静で、自然のありのままの姿を受入れていた。無事関八州見晴台山頂に到着して、公開ハイク恒例のおもてなし、キノコ・ワンタン汁がふるまわれた。皆さんお代わりするほどおいしいと満足いただいた。一時間近くゆっくり昼食をとり、後半の西吾野へ下山した。下山コースは特に悪場はなく、陽射しも出て、ゲストの方達もすっかり緊張感が取れメンバーとの会話がはずんだ。山は自然もいいが、人もいい。     Y.T sora

 

10月始めに下見をした結果、林道コースに変更。その後大きな台風が2つも通過して少し心配になる。当日は曇り空のもと、ゲストの方々の早い集合に圧倒され、気を引き締める。越生駅からのバスは座れるかと心配するも貸し切り状態で良かった。林道コースは、途中木が道をふさいでいたが、まん中のぬかるみを通り無事クリアー、下山道にも何本かの倒木が有り、やはり台風の影響が心配でノコギリ等を持参したが出番無しで助かった。皆さんのご協力を頂き無事下山 し、楽しい山歩きの1日を過ごす事が出来た。ありがとうございました。  H.M ココ

 

 

コメントを残す