川越ハイキングクラブ・ビスターリ

西部ブロック交流・高峰山スノーシューハイク

2019年2月度YR会山行:
西部ブロック交流・高峰高原スノーシューハイク

高峰山山頂にて(撮影 T.T kakashi)

2019年2月24日(日)  天 候:晴れ         参加者: 計 3名

交 通:西部ブロック合同:大型チャーターバス

【往】ウエスタ川越出発6:20→川越IC→横川SA(休息)→小諸IC→
車坂峠→バスの駐車場はアサマ2000
【復】往路を帰る

コース:車坂峠→粒ヶ平→(11:10)高峰山山頂(昼食)(11:40)→粒ヶ平
→雪上車車道→(13:30)アサマ2000駐車場(集合写真)

<< 感想コメント >> 

高峰山スノーシューハイクに参加。風もなく穏やかな晴天、暖かい。小諸IC辺りから山脈を見上げても雪が見当たらない。山脈の上部で雪が見え始め歓声。去年は登山口の鳥居最上部まで雪で埋もれていたが今年は半分程度でした。頂上への尾根道は雪も 豊富歩き安かったです。
天気が良いので展望も良く楽しい山行でした。  N.S せいちゃん

登山口にある鳥居(撮影 T.T kakashi)

 参加メンバー:埜歩歩‐6人、新座‐10人、所ハイ‐8人、山なみ‐8人、峠‐4人、ビスターリ‐3人、計39人で大型バスに乗り出発。小諸インターを降り山に近づいても雪が無い。今日は温泉かと心配するが車坂峠に着くとなんとか雪が有りスノーシユーをレンタル。ビスターリは、峠4人の女性との混合チームで出発。

風も無く快晴、富士山が見える。最初はぎこちなかった混合チームも何故か高峰山頂に一番乗り。景色を眺めながらの昼食でした。残念ながらパウダースノーでは、無かったもののそれなりに雪山を楽しみました。  H.M ココ

 

 大型バスの中で登山口に向かう途中までは雪も少なくスノーシューレンタルで「借りるか?借りないか?」悩む一幕もありました。登山口で下車してから先は雪が有りビスターリの3人と峠山の会の4人とで行動した。天気に恵まれた楽しいスノーシューハイクでした。雪中を歩くと私の子供の頃に遊んだ北国を思い出した一日になりました。     T.T kakashi

                             

 

コメントを残す