川越ハイキングクラブ・ビスターリ

2019年1月度会山行: 笠山・堂平山

笠山

冬晴れの堂平山頂、左は一等三角点

平成31年1月20日(日)    天 候:晴れ                    参加者: 計 7名
交 通

【往】川越駅6:22→7:02小川町駅バス7:10→7:41皆谷
【復】 白石車庫バス14:03→14:42小川町TJ駅15:23→15:57川越駅

コース

皆谷バス停(7:55)→萩平分岐(8:30)→笠山(10:05)→七重峠(10:45)→ 堂平山(11:15)昼食(12:00)→白石峠(13:00)→白石車庫(13:30)

<< 感想コメント >>
風もなく暖かな一日、楽しい山行でした。十数年前、靴とザッツクを買って初めて登った山が堂平山と笠山でした。低山ですがこのコース、意外と体力を必要とします。昼食は堂平山の陽だまりで美味しく頂きました。大宮の山岳会の方も大勢バスで来たようです。白石の集落には、柚子木が多くあり柚子が沢山付いています。誰も採らないようです。あ~もったいない。                                                                                                                                       Y.E ヘラブナ

素晴らしい天気に恵まれ気持ちの良い山行でした。麓は蝋梅と梅が咲き良い香りがしていました。暖かいせいか頂上の眺望は今一。帰りは小川町駅手前でバスを降り晴雲酒造に立ち寄りちょっとお買い物。                                                                                             S.K アン

萩平十字路で見た「蝋梅」(撮影:T.M アキ)

連日風が冷たい、今日は暖かくなる予報。皆谷から歩き始めると民家の庭先、梅、蝋梅が咲き、春が近いなと思う。風も無く穏やか何回も衣類調整腕捲り。堂平山は天文台が出来る前にも何回か登りました。今天文台の役目は終わったそうです。月日の経つのは早いなあ。帰り小川町の造り酒屋に寄り見学、試飲土産を購入。楽しい山行でした。                             N.S せいちゃん

笠山山頂から両神山遠望(撮影:T.M アキ)

朝の雲がいつの間にか取れ最高のハイキング日和、風がないので汗が出て、筍衣類調節して長袖Tシャツ一枚で歩けた楽しい一日でした。                                                T.M アキ

笠山神社 実は山頂?(撮影:Y.T sora.)

パラグライダー飛び立つ堂平山
(撮影:Y.T sora.)

堂平山頂をテイクオフ・上昇気流を掴むパラG(撮影:S.K kaz.)

少し小ぶりの7人会山行。小川町からバスで東秩父村に向かう車窓は冬晴れの里山そのもの。ちょっと長いコースだが里山の景色を味わいながら楽しんで登る。良いものだ。帰路にSL役のY.E ヘラブナさんの下見時の提案で古い造り酒屋に立ち寄る。往時の手作りの道具が沢山、展示されていた。杜氏達の真剣な心意気を垣間見た気がした。                                          S.K kaz.

笠山までは山歩きの人とあまり会わない。葉を落とした木々の隙間から見る、ちょっとの白い雲と青空、ふもとの集落の景色はなかなか良いものだ。今、山は春を待つ準備をしているのだろう。静かである。そんなシーンとした中での山歩きを楽しんだ。一方、堂平山山頂付近は町の色々な施設があるからか、山歩きの人、パラグライダーの人、等で賑わっていた。笠山の静、堂平山の騒、隣り合わせの山が対照的で、対でワンセットのようだ。             W.H rengyou

小川町 晴雲酒造前にて(撮影:Y.T sora.)

冬枯れの好天に恵まれ、風もなく穏やかな登山日和だ。初めてのリーダーを仰せつかり、安全第一の気持ちで臨んだ。七峰縦走ハイキングのコース看板が所々にあり道に迷うところはない。木々の合間から周辺の山々を眺め、鳥のさえずりを聞き、笠山・堂平山の冬の魅力を感じた山歩きだった。帰り道に小川町の酒蔵に立ち寄り、見学と試飲のプラスアルファが付き充実した一日であった。                                                                                                        Y.T sora.

コメントを残す