川越ハイキングクラブ・ビスターリ

燕岳から常念岳までの縦走

 

燕岳名物イルカ岩とのワンショット

2018年8月6~8日(月~水)  参加者: 山学校ツアー 参加1名
行 程: 6日:新宿(7.30)→中房登山口→合戦尾根→燕山荘(18.15)
7日:燕山荘(4.30)→燕山→燕山荘(6.30)→大下りの頭→切通岩→
大天荘→東天井岳分岐→横通岳南肩→常念小屋(5.00)
8日:常念小屋(4.00)→常念岳→常念小屋(8.00)→大滝ベンチ→
一ノ沢登山口(13.00)

                                                  << 感想コメント >>
今回の縦走では4つの”願い”を叶えたいと考えていました。
1. 合戦小屋で「スイカ」を食べること。
残念ながら、同行者の一人が軽い熱中症となり、ゆっくりとした歩行ペースで到着
したときには、小屋は営業が終わっていました。
2. 山小屋で生ビールを飲むこと。
燕山荘、常念小屋でたっぷり生ビール「大ジョッキ」を堪能できました。
3. 三つの山頂を極めること。
燕岳、大天井岳、常念岳の登頂に成功しました。
4. 槍ヶ岳を見ながら歩くこと。
大下りの頭から、槍ヶ岳が、やっと雲間から顔を出してくれました。切通岩(小林
喜作レリーフ)付近まで槍ヶ岳を眺めながらの縦走が続きました。

今回の山行で二つの嬉しい出来事がありました。大天井岳の頂上でバースディケーキが振舞われました。「山から」のツアーでは、誕生日の参加者に対して、いつもケーキが準備されています。今回は7日の誕生日の方がおり、当の本人も涙、涙の大感激でした。ケーキを持ち上げたスタッフの方に感謝、感謝。
もう一つは、ブロッケン現象に遭遇しました。霧雨の中、常念岳登頂を目指して、午前4時に常念小屋を出発しました。徐々に雨が止み、太陽が姿を見せ始めました。槍ヶ岳方面に霧が残り、神秘的な現象を垣間見ることができました。
色んなことがありましたが、二泊三日の楽しい山行になりました。 F.T yamayama

槍ヶ岳をバックに

ブロッケン現象に遭遇

常念岳山頂にて

コメントを残す