川越ハイキングクラブ・ビスターリ

スルギ尾根~子ノ権現

 子の山山頂にて

2018年6月30日(土)   天 候 : 晴れ     参加者:  5名
交 通:

【徃】 JR川越駅6:35→東飯能7:03 西武秩父線7:21→吾野駅7:40
【複】 西武秩父線西吾野駅13:32→13:56東飯能駅JR14:20→JR川越駅14:47

コースタイム:

吾野駅7:55→8:35前坂8:45→9:20板屋ノ頭9:30→10:20スルギ10:35→11:10子ノ権現(昼食・休憩)11:55→12:25天寺十二丁目石12:40→西吾野駅13:25

<<  感想コメント >>

この日は梅雨明け直後で猛暑日でしたが、山は樹林帯の中を歩くことが多く時折涼風も吹き、暑気払いと鍛練と少人数で和気あいあいの雰囲気で楽しいハイキングでした。
下山祝いの缶ビールが美味しかった。  Y.T sora

登り始めから暑く、前坂分岐で休憩中の爽やかな風、生き返りました。
その後も暑さの中たまに風を感じながら、やっと子ノ権現までたどり着き下山。とにかく暑い1日でした。  S.K アン

  天寺十二丁目石の分岐で早々に一休み

一旦はお断りしたのに、計画書を見て急に追加させて頂き有難う御座いました。また計画書修正等でお手数をお掛けしました。6月に梅雨明けした暑い日の山行。暑さ、高齢、内緒のもうひとつで、3重苦で辛い、サブリーダーを良い事に後ろから送れてやっとの思いで付いて行く有り様。でも参加して良かったです。里山の花の少ない時期に沢山のユキノシタの花がきれいに咲いていました。   H.M ココ

沢沿いのユキノシタ

当初、T.M アキさんの単独山行として山行計画書が送られてきた。暑い最中の山行と承知しつつ、翌週の会山行:日光白根山を控え足慣らしが必要と思い、急ながら同道をお願いした。結果は急ごしらえの5人の山行となった。前日は暑い日ながら南から強風が一日中吹き荒れていたが、この日はうって変わってべた凪状態。暑さ一層厳しい一日。頭の先から足の先まで全身汗まみれとなり、あえぎながらの山行となる。それでも山中は尾根や小さな峠で時折頼りないような風があり、ほっとするときがあった。統計的に事故の多い昼食後の下山開始から30分以内の時間帯では、特にユックリズムで足元の確認を意図的に行うよう心掛けた。西吾野駅唯一の売店、よく冷えたビールは至福だった。  S.K kaz.

コメントを残す