川越ハイキングクラブ・ビスターリ

丸山(トレーニング山行)

パラグライダー発進場からの筑波山 

2017年11月19日(日) 天 候:晴れ  参加者:単独

交 通:【往】西武 本川越5:13→5:33所沢5:36→小手指5:42→飯能6:04→6:33正丸
【復】西武 芦ヶ久保13:17→13;58飯能14:06→所沢14:38→15:02本川越

コースタイム:正丸駅6:45→7:50旧正丸峠→8:40虚空蔵峠→9:06牛立久保→9:50大野峠→10:20丸山(昼食)10:55→12:05日向山→12:55芦ヶ久保駅

          << 感想コメント >>

電車からの夜明けの空は、雲一つない快晴。しかし、旧正丸峠に着くと天気予報通り北風が吹きつけ寒い。上着と軍手をはめて尾根歩き開始。木々の間からのきれいな山並みが見え隠れするが、止まると寒いのでカロリーメイトをかじりながらひたすら歩く。牛立久保手前の平らなところで、この冬初めての霜柱を発見。ここから、歩行跡が落ち葉で隠れてわかりにくくなり、磁石での方向を確認と踏み跡っぽいところを探しながら進むと、刈刃坂峠と大野峠に分かれる分岐にたどり着けた。

丸山山頂の展望台からは、筑波山、赤城山がきれいに見えたが、その奥の山や浅間山 は雲で覆われていた。時間的にまだ余裕があったので、日向山を通って芦ヶ久保駅に向かうことに変更。日向山は、まだまだ紅葉がきれいでした。    M.N チュー吉

  この冬初の霜柱

 武甲山と奥の浅間山は雲の中(丸山から)

武甲山とまだ残っていた紅葉(日向山から)

コメントを残す